親子運動遊び

 2月1日(金)北御牧子育て支援センターで身体教育医学研究所の渡邉真也さんを講師に迎え「親子運動遊び」を開催しました。朝、少し雪が積もった日だったのですが、25組の親子の参加がありました。

まずは「ボール遊び」からスタート。つかむ・投げる・転がす・集めるの動作をママと一緒に楽しみました。続いてママと子どもで「ふれあいあそび」。ママに抱っこしてもらいながら、足の裏を揉んでもらったり、体のあちこちをくすぐる・さする遊びを楽しみました。体のあちこちを触られている時の子どもたちは、笑顔をたくさん見せてくれていましたよ。

ここで渡邉先生から「寒さ対策」についてのアドバイスがありました。「大きい筋肉に刺激を与えると体温が上がるので、体が冷えた時は太ももや腕をさする」、「足踏みをする動作と腕を前後に振る動作では、腕を前後に振る動作の方が、体が温まる」というお話がありました。まだまだ寒さが続く2月、体が冷えるなあと感じた時は試してみてくださいね。お子さんとママで摩り合うのもスキンシップになりますよ。

「ふれあい遊び」で温まった後は新聞紙遊び。まずは新聞紙の感触・匂い・音を味わってから、遊びをスタート。紙をフワフワさせたり、上に乗って滑ったり、棒を作ってママと綱引きをして楽しみました。そして新聞紙を破る遊び。ママが新聞紙を広げて持ち、子どもはその新聞紙目がけて思いっきりパンチ!「ビリッ!」の音と共に破れる新聞紙に子どもたちも大興奮。何度も繰り返して楽しんでいました。渡邉先生から「お子さんに『思いっきりやる』体験をさせてあげましょう。『思いっきり』を体験する事で、『じゃ、今よりちょっと弱くしよう=手加減する』ことが身についています。」と教えていただきました。

最後は、「新聞紙プール遊び」。お母さんたちが円くなってゲージを作り、その中で子どもたちは新聞紙プールを楽しみました。手にいっぱい紙を持って『思いっきり』天井目掛けて投げ、フワフワ降ってくる紙に満面な笑顔で浴びていたり、新聞紙の中に潜ってみたり・・・。楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿を見て、ママたちからもたくさんの笑顔が見られました。『思いっきり』って、大人にとっても気持ちの良い事ですね!

「親子運動遊び」は来年度も予定しています。楽しみにしてくださいね。

親子運動遊び①.JPG

ボールを投げたり、転がして遊びました。

親子運動遊び②.JPG

ママに足の裏を揉んでもらったよ!気持ちいい~

親子運動遊び③.JPG

「ママには負けないぞ~!」

親子運動遊び④.JPG

新聞紙ソリも楽しいね♪

親子運動遊び⑤.JPG

親子運動遊び⑥.JPGのサムネイル画像赤ちゃんたちも楽しみました♪

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ