親子運動遊び

 2月12日(水)北御牧子育て支援センターで身体教育医学研究所の渡邉真也さんを講師に迎え「親子運動遊び」を開催し、19組の親子の参加がありました。

まずは「ボール遊び」からスタート。つかむ・投げる・転がす・蹴る・集めるの動作をママと一緒に楽しみました。渡邉先生から「『ボールを拾う』という動作一つから、掴む=指先・手の力を育てる、しゃがむ=足・腰の力を育てる。』というお話がありました。さらに「手にすると投げる行為になり、それは腕の力を育てる。なので、お子さんが興味を持った物は自分で掴む・拾うの動作をたくさんさせてあげてくださいね。」というアドバイスがありました。

ボール遊びの後は、カラフルな布を使って「布遊び」。布をフワフワさせたり、ママと一緒に布を被ってお喋りタイム、綱引きのように引っ張りあう、しっぽに見立てて追いかけっこして取り合う、そりに見立てて楽しむ等、布一枚でたくさんの遊びをしました。

最後は「バルーン遊び」。ゆらゆらと波のように揺れるバルーンの上を3歳児が乗って遊ぶ姿をみて、2歳以下の子どもたちも波の中に入って楽しんでいましたよ。その後はバルーンの下に潜ったり、バルーンにボールを入れて飛ばして楽しんだりしました。

どの活動も、子どもたちは笑顔いっぱい出しながら遊んでいましたが、ママたちも童心に返りニコニコ顔で遊んでいましたよ。最後のクールダウンの時間、母「ボール遊び、楽しかったね♪」子「うん!」とアイコンタクトで親子で話されていました。

「親子運動遊び」は来年度も予定しています。楽しみにしてくださいね♪

親子運動遊び①.jpg

皆で「いち、にの、さ~ん!」で投げて...
落ちてくるボールに、子どももママも笑顔いっぱい!

親子運動遊び②.jpg

ママたちが作ってくれたトンネルは楽しいね♪

親子運動遊び③.jpg

大きな波に揺られてニコニコ顔♪
「気持ちい~!」

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ