0歳児のママひろば(伊藤先生)

6月21日(火)、北御牧子育て支援センターで「0歳児のママひろば」を開催しました。今回は伊藤理恵先生を講師とし、「絵本で子育て」をテーマに、絵本についてのお話や読み聞かせをしていただきました。参加者は4組と少なめでしたが、ゆったり落ち着いて進めることができました。

何冊か絵本の読み聞かせをしていただきましたが、リズミカルな調子や、楽しそうなハキハキとした声に、みんな絵本に見入っていましたよ。『たくさん本を読んであげて、大好きな本に出会うことが大切。赤ちゃんにこそ、いい言葉、いい絵を。ママ自身も絵本を読んでいるうちに心が落ち着くし、絵本は子どもの価値観・可能性を広げてくれる』というお話を聞きました。

また、最後に1か月前に同じ条件で握ったというおにぎりを見せていただきました。ただ一つ違うのは、ひとつには「ありがとう」など感謝の気持ちを言いながら楽しい気持ちで握ったもの。もうひとつには「バカヤロー」などイライラの気持ちで握ったもの、ということ。感謝の気持ちで握ったおにぎりは、ほとんどカビが生えず、もう一方はカビだらけでした。ママ達も「ええ!?本当に!?」と半信半疑のようでしたが、言葉がどれだけ心を傷つけるか、また逆に「言葉の大切さ」がわかる実験結果のようにも思います。お子さんにはたくさん良い言葉のシャワーをかけてあげたいと、改めて思いますね。

次回の「0歳児のママひろば」は、7月8日(金)10:00~です。(「絵本で子育て」講座は2月にも開催します。)
お待ちしています。

CIMG0154.JPG

生後2か月の赤ちゃんも遊びに来てくれましたよ♪
お兄ちゃんと一緒♥ 楽しいね

CIMG0160.JPG

お話の世界に、みんな耳を傾けています。

CIMG0173.JPG

お子さんは色々な本に興味深々です。
手にとってはめくって、変化を楽しんでいます。

CIMG0174.JPG

気持ちや言葉がけでこんなに違うなんて、驚きですね!

【講師紹介】

伊藤 理恵 先生

CIMG0176.jpg

東御市生まれ。保育士として幼稚園・保育園に約10年間勤務。3人の子育てをする中で、絵本のおもしろさに気づき、もっと知りたいと司書の資格を取得。その後公共図書館や小学校の図書室に約10年勤務。保育の現場に携りながら、言葉の力・絵本の力を信じて「絵本で子育て」の講演など、多数講演会をされています。

優しい雰囲気の中にも、ハキハキとした明るさがある先生です。絵本の読み聞かせにもグッと引き込まれます。自身の子育ての経験や、豊富な保育・司書の経験から語られる言葉には、どれも説得力があります。絵本の大切さ、言葉の大切さを改めて考えさせられますね。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ