にこにこひろば

 9月26日(火)北御牧子育て支援センターで「にこにこひろば」を開催しました。

「にこにこひろば」では、10~12ヶ月のお子さんとお母さん方を対象に、基本的信頼感(愛着)についてお伝えし、その実践としてふれあい遊びをしていきます。今回は、5組の親子の参加がありました。
この頃のお子さん達は、愛着関係を作り上げる過程で、人見知りをしたり、後追いをしたりします。お母さん達とすると、「どうして私じゃないとダメなの!?」といった、今までとは少し違った大変さが出てきます。
お母さん方からは、「ぴったりとくっついて行動している。お化粧をしているときも横でじっと見ている。」「兄達と違い母にべったり。ちょっとめんどうくさいなと感じてしまう」といった意見が聞かれました。上にお子さんがいるお母さん達にどんな風に乗り越えたかを尋ねてみると、「別のおもちゃを与えて気をそらせるなどをしてきた。」「ちょっと遊んであげてから離れるようにした。」などのアイディアが聞かれました。

この頃のお子さんたちは、目の前からなくなると「あれ、本当にいなくなっちゃったの?!」と感じてしまう状態のようです。お母さんが離れた時に、お子さんが泣いてしまっても、当然だろうと思えますね。また、人見知りや後追いといった行動が出ていることは、愛着関係の育ちの証でもあります。ちょっと対応するのが面倒くさい、そんな気持ちもわかります。しかし、お子さん達が一人の人として歩み始めたサインと捉えると、どうでしょう。少し見方が変わってきますね。

にこにこひろばでは、以上のように、アイディアを交換したり、こころの発達を解説しながら、「そういうことなんだ!」を見つけて、お子さんと関わるのがより楽しくなるような講座にしていきたいと思っています。皆さんの参加をお待ちしています。 次回の「にこにこひろば」は、10月27日(金)10:00からです。

CIMG2188.JPGみんなで「そういうことなんだ」を見つけていきましょう♪

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ