救急救命講座

 1月25日(金)東部子育て支援センターで「救急救命講座」を開催し、7組の親子とファミリーサポートセンターの提供会員養成講座受講者3名が参加されました。東御消防署から2名の講師に来ていただきました。自身1歳半のお子さんを育てていらっしゃるお母さんでもあり、実体験なども交え身近な話題でわかりやすくお話しいただきました。

乳幼児の死亡原因で多いのは、先天性疾患の他には「不慮の事故」です。その中でも多いのは窒息と溺水です。トイレットペーパーの芯を通るサイズのおもちゃは、お子さんの口に入ると窒息の危険性があります。また、そうなってしまったときのために、実際に叩打法も教えていただきました。水の事故では大人でも10cmの深さの水があれば、溺れることがあります。お風呂の水を空にしておくことや、ドアの鍵など予防できることはしておきたいですね。

このほか、実際に人形を使って心配蘇生法も体験しました。 何かあったときはつい慌ててしまいますが、このように練習しておくことで対応が変わってきます。来年度も救命救急講座を3回開いていく予定ですので、ぜひ何度でもご参加ください。

救命救急①.JPG

実際に人形を使ってデモンストレーションしていただきました。

救命救急②.JPG

圧迫する位置を確認しながら、お母さんも実際にやってみます。

救命救急③.JPG

AEDは東部子育て支援センター、北御牧子育て支援センターの事務室にあります。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ