平成28年度 子育て支援サポーター養成講座

今年度の子育て支援サポーター養成講座が1月18日(水)を最終に全4回の過程を終了し、10名のサポーターが誕生しました。

 子育て支援サポーターとは、互助・共助による子育て支援が充実した環境を整え、子育て支援センターで行われる様々な子育て支援活動に関われる人材として養成するものです。

 1回目は9月に開催し、子どものあそびと身体活動や体験活動について学びました。子どもが本来持っている「育つ力」を信じて、主体的な遊びの中で自ら考え行動でき、様々な体験を通じて「こころとからだを育む」応援をしよう。子どもは「きたない」「うるさい」「あぶない」ことを好むもの。大人の意識改革が必要であることを学びました。

 2回目は、秋の里山体験活動での実地研修です。子どもが活動する2時間前には山に入り、危険個所の確認や安全に活動できるための周到な準備をします。子ども達との活動を通じて、木々や葉っぱ、つる、小川が十分な遊びの材料になること。自然発生的に遊びが生み出され、子ども達自身のアイディアで遊びが発展していくという経過を目の当たりにします。活き活きとした子ども達の表情に、日常みられない輝きを見つけることができます。子ども本来の子ども自身が持っている「育つ力」を感じ取れる時間となりました。

 3回目は「木育講演会」への参加です。木の玩具を積極的に取り入れ、自然の中での活動を通じて子どもの成功体験を積むことで、自己肯定感を育て、世代交流も図りながら、木育活動を推進していこうという学びをしました。

 そして最終回では、この講座を通じて深めた学びを共有しながら、「東御の子どもの育ちを応援するワーク」として、「東御の良いところ」「もっと良くしたいところ」を話し合いました。『自然が豊かなとうみだからこそ、日常からのびのびと十分に遊べる環境づくり(場所・見守る人・安全の確保等)が必要』という意見が多く出されました。そのためにサポーターとしてできることに取り組んでいこうと確認し合いました。

 修了証を一人一人お渡し、記念撮影です。講座を通して、たくさんの学びと、達成感と、、、何よりも気持ちを共有できる新たな仲間が増えました。私達大人もまたひとつ、自己肯定感が高まったような気がします。

 センター職員もサポーターの皆さんの今後の活動に期待をしています。今後とも宜しくお願い致します。

子育て支援センターでは、次年度もサポーター養成講座を開催する予定です(市内在住者)。興味のある方は是非ご連絡ください。お待ちしています。

 【問い合わせ】東部子育て支援センター ☎0268-64-5814

子育てサポーター①.JPG身体教育医学研究所 渡辺部長が講師です。

子育てサポーター②.JPG個人で振り返りをして、グループで共有しました。

子育てサポーター③.JPGグループの学びを皆で共有します。

子育てサポーター④.JPG28年度は10名のサポーターが誕生しました。楽しみながら活動していきましょう!

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ