こどもの日

さわやかな5月の青空を元気に泳ぐこいのぼり。
私達日本人は、健やかな子どもの育ちを願う象徴として、毎年こどもの日に合わせ、鯉のぼりや五月人形を飾ります。
歴史的には、昭和26年5月5日に子どもの人権及び権利を守るため「児童憲章」が宣言され、同時に「こどもの日」が国民の祝日として制定されました。またこどもの日から一週間を「児童福祉週間」と定め、毎年各地で様々なイベントが催されています。                    人権尊重のまちづくりを目指す東御市では、人権施策の基本方針・基本計画の見直しをする中で、新たに子育て支援の場面からの視点を加えた「子どもの人権」を守る施策展開を明記しました。
東御市子育て支援センターでは、こどもの日にあわせこいのぼりを掲揚するとともに、親子で創作活動を楽しんでいただきながら、こどもの人権に対する意識を啓発していきます。


『児童憲章』
われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべて  の児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。

 児童は、ひととして尊ばれる。
 児童は、社会の一員として重んぜられる。
 児童は、よい環境のなかで育てられる。

1 すべての児童は、心身ともに健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される。
2 すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。
3 すべての児童は、適当な栄養と住居と被服が与えられ、また、疾病と災害からまもられる。
4 すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての責任を自主的に果すように、みちびかれる。
5 すべての児童は、自然を愛し、科学と芸術を尊ぶように、みちびかれ、また、道徳的心情がつちかわれる。
6 すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整った教育の施設を用意される。
7 すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。
8 すべての児童は、その労働において、心身の発育が阻害されず、教育を受ける機会が失われず、また、児童としての生活がさまたげられないように十分に保護される。
9 すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、悪い環境からまもられる。
10 すべての児童は、虐待、酷使、放任その他の不当な取扱からまもられる。あやまちをおかした児童は、適切に保護指導される。
11 すべての児童は、身体が不自由な場合、または精神の機能が不充分な場合に、適切な治療と教育と保護が与えられる。
12 すべての児童は、愛とまことによって結ばれ、よい国民として人類と平和と文化に貢献するように、みちびかれる。

CIMG8533 センターこいのぼり.JPG

手作りのこいのぼりです。個性があってかわいいです。

CIMG8535 センターこいのぼり.JPG

東部支援センターの中でもこいが泳いでいます。

センターこいのぼり(北御牧)①.JPG

色とりどりの折り紙で、うろこを張りつけました。

センターこいのぼり(北御牧)②.JPG

北御牧支援センターにかわいいこいのぼりが泳いでいます。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ