育児座談会

 10月10日(火)東部子育て支援センターで「育児座談会」を開催し、17組の親子の参加がありました。

今回のテーマは、「便秘」「夜間のオムツはずし」「赤ちゃんの成長発達」についての3つのテーマについて語り合いました。

便秘については、「生まれたときから便秘気味で、離乳食が始まってから便秘に良いと聞いたものは一通り試したけれど、便秘が良くならない」というものでした。同じようにお子さんが便秘で悩んだというママからは、色々試したが、最後は病院で薬をもらって出るようになった、1歳過ぎてから自然と出るようになっていった、3回食になって食事の量が増えたら出るようになった、という意見が出ました。今日は出るかな?苦しくないかな?とママも心配になってしまいますね。色々な方法を試してみて、それでも出ないようなら病院に行ってみるのもひとつの手段かもしれません。お子さんの機嫌を見るのも、その判断に大切なことですね。

夜間のオムツはずしのテーマでは、「朝起きて出ていないことも多いけれど、万が一布団が濡れてしまうことを考えると、いつパンツに変えようかタイミングが...」というママの葛藤が垣間見えました。パンツの上にオムツを履かせている、パンツにパットを敷いている、パジャマの上からタオルを巻いている、日中のオムツはずしとあまり変わらずはずれた、心配で今もオムツを履かせている、など、家庭によって事情は様々。みなさん、試行錯誤してお子さんの成長を見守っているようでした。

次回の「育児座談会」は、11月14日(火)10:30~です。お待ちしています。

座談会①.JPG今回は、いつもより小さな輪で。
でも顔が近いほうが話しやすいですね。

座談会②.JPG

座談会③.JPGママがお話している間、仲良く遊んでいましたよ♪

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ