育児座談会

 12月12日(火)東部子育て支援センターで「育児座談会」を開催し、20組の親子の参加がありました。

今回は「トイレトレーニング」「赤ちゃん返り」「子どもの叱り方」の3つのテーマで語り合いました。 今回特に印象的だったのが、「子どもの叱り方」のテーマです。「子どもを怒るときに、口で伝えてダメなときに手が出てしまう。子どもに"叩いていい"と教えることになるからと言われたが、イライラが溜まると手が出てしまいそうになる。子どもにどう怒ったらいいか分からない。」というものでした。これは、聞いてみたいと思いながらも、聞きにくくて心のなかでモヤモヤ...というママも多いのではないでしょうか。実際に他のママからも、カッとなったときに手が出てしまうという話が聞かれました。しかし、怒ったとき子どもが身構えるようになった、子どもが友達や下の子に対して同じような口調で怒るようになった、というのを見て、後悔しているというママがほとんどでした。パパに別の場所に連れて行ってもらう、カッとなったときは一呼吸置いて、家事は後回しにして子どもと遊ぶ時間を取るようにしている、夕食は買って食べてもいいと夫が言ってくれたので少し子どもと関わる時間が持てた、など、夫の理解・協力や祖父母のサポートも大切だと感じさせられました。

子育てをすると、思いが伝わらない、注意しても何度も同じことをする...一筋縄じゃいかないことが多々ありますね。ママももちろん人間ですから、我慢の限界もあります。手を出してしまうのは"余裕がないとき"ではないでしょうか。特に子どもと2人のとき、周りの目がないときにエスカレートしやすいものです。一番身近な夫や祖父母へまずは話してみること、そして、同じ子育てをする仲間と話すことはとても大切です。外に出るだけでも、周りに目が向きますね。センターには経験豊富なママたちやスタッフがたくさんいますので、センターも気軽に利用してみてくださいね♪

次回の「育児座談会」は、1月9日(火)10:30~です。お待ちしています。

座談会①.JPG

座談会②.JPG3,4ヶ月のお子さんも遊びに来てくれています♪

座談会③.JPG仲良くおままごと♪

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ