手洗い、うがい、咳エチケット2015年12月16日更新

 冬になり、乾燥と感染症の季節となりました。
冬の感染症といえば、インフルエンザ、RS、ノロ、ロタ...かかるとダメージの大きいものばかりですね。
 でも、ちょっとした注意、工夫で感染のリスクをうんと少なくすることができます。

基本の「手洗い、うがい」

どの感染症予防にもなります。殺菌効果のある石鹸やうがい薬を使うのも効果的です。正しい手洗い、うがいをもう一度おさらいしてみましょう!

感染予防は、手洗い・うがいから

咳エチケット

クシャミや咳の出る風邪を引いたとき、皆さんはどうしていますか?手のひらで口を覆ってするのが一般的ですが、その手は風邪の菌でいっぱいです。ドアノブを触ったり、子どもを抱いたり...知らず知らず菌を広げてしまっていることがあります。マスクをして、周りにうつさないように配慮しましょう。

また、周りにクシャミや咳をしている人がいて、その人がマスクも手も当てずにしたならば...クシャミの速度は、時速320km!新幹線並みだそうです。そんな速さでしぶきが飛び散るのですから、周りの人に風邪がうつってしまうというのも納得ですよね。
クシャミや咳が出る時は、マスクをしましょう。マスクをしていない時にどうしても出そうになった時は、人のいない方に顔をそむけ、手のひらではなく、ハンカチやティッシュで口を押さえ、必ず手洗いをしましょう。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ