イクメンパパ2017年03月 8日更新

  • パパのお名前:土屋 大輔さん 長女:3歳 長男:2か月

0308ikumen01_2.png

  • パパのワーク・ライフ・バランスは出産前後でどのように変わりましたか?

育休取得により、長女(姉)の育児が中心になりました。
出産前は、仕事;60%、育児;15%、家事;10%、プライベート;15%
出産後は、長女(姉)の育児;50%、長男(弟)の育児;20%、家事;25%、
プライベート;5%

  • 育児・家事で分担していることはありますか?

家事(料理)は妻が主、子どものお風呂は自分が主です。
それ以外はほぼ共通です。

  • これだったらママに負けない!と思う育児・家事はなんですか?

育児は、お風呂、トイレに行かせること(おむつ卒業)、歯磨き、おむつ替え(長男(弟))です。
家事では、洗濯、掃除、食器洗いです。

  • パパがお子さんとの関わりで、心がけていることはなんですか?

子ども第一で考えること。
すくすく広場やひまわり教室など、ママさん達が多い場所に行くには、正直すごい抵抗がありましたが、子どものことを第一に考えて、思い切り、自由に遊べるようにと、極力行くようにしました。
(アパート暮らしなので、狭くて自由に遊ばせられないので。また、長男(弟)の出産前は、平日は妻が育児で疲れていたので、休ませてあげるという意味でも。)
・長男(弟)の誕生後は、ひまわり教室へも行ったりしています。
・子どもが自分でやりたいこと、興味があることをやらせてあげることです。
(歯みがき、トイレ、お着替え、手洗い・うがい、などなど・・・)

  • 仕事のある日、お休みの日はお子さんとどのように接していますか?

育休前は、一緒に遊んだり(おままごと、お絵描き、ねんど遊び)、散歩したり、子どもと多く接するようにしています。

  • お子さんが一番喜ぶ、パパとの遊びはなんですか?

おままごと(お絵描きも)。
 すくすく広場に行っても、必ずやっています。

  • お子さんと関わっていて、一番うれしかったことはなんですか?

おむつを卒業させられたこと。(子どもの成長を感じられたこと。)
何回もおもらししても、めげずにお姉ちゃんパンツを履かせたり、トイレに誘ったり、トイレの絵本(おんなのこトイレ)を読み聞かせたりして、おむつを卒業できた時は
子どもの成長を感じられて、とても嬉しかったです。
(今では、外出前にトイレ誘っても、「自分で言うから行かない、行きたくない」と言うまでに。)

  • パパになって自分自身変わったなと思うことはありますか?また、どんなパパになりたいですか?

子ども好き(子煩悩)だとは思わなかった(想像出来なかった)。
大きくなっても、親子の仲が良く、悩みごとを相談されたりと、頼られるようになりたい。

  • どんな子に育ってほしいですか?

明るく元気で、人の気持ちが分かる、優しい子に育ってほしい。
また、夢を持って、それに向かって頑張ってくれるように。

  • 育児での悩み・困っていることはなんですか?

ダメといったことを、中々やめてくれない。
例;食事の際の遊び食べ。
最初は良いが、ある程度空腹が満たされた際に、遊び食べが多く、
「片付けるというと、食べる」、の繰り返しが多い。
(子どもへの伝え方がダメなのだと思いますが・・・。)

  • 育児をしてみて、改めてママに一言!!

一日、子ども(3歳児)の相手をして、育児・家事をすることがこんなに大変で、体力がいるとは思わなかったです。
妊娠中の際、本当に大変だったと思います。
子どもが増えて、さらに大変になりますが、力を合わせて頑張りましょう!

0308ikumen02.png

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ