Q、母のトイレについて行ったり蓋を開けてくれたりと、そろそろトイレに興味をもち始めてきた様子が見られます。まだトイレでおしっこをするまでにはなっていないのですが...トイレトレーニングを始めるきっかけやどのようなタイミングで始めたのか教えてください。うまくいったという成功体験があれば教えてください。(2歳4か月)2020年10月12日更新

A、トイレトレーニングはお母さんの育児でイライラしてしまう事の中でもよく出てくる話題で、とくに2歳児をもつお母さんについては必ず出てきます。トイレトレーニングは、子どもが自分でできることではなく、大人が手をかけてあげなくてはできないことだからです。
トイレトレーニングを進める中で皆さん共通して言っているのは声がけです。起床時、食事の前後、出かける前など切り替えの場面でトイレに誘いかけることから始めるといいですね。また、トイレトレーニングではまずトイレが好きでないとトレーニングになりません。トイレトレーニングの時期はトイレを楽しく飾るという工夫もいいですよね。トイレに行くことがさらに楽しくなるように便座に座れたらシール貼るなど頑張ったらご褒美がもらえるようなこともトレーニングを楽しく進めるためには有効なようです。

<ママ達からの工夫ポイント>

  • トイレトレーニングを始めたのは1歳半頃です。オムツにおしっこが出たことを教えてくれたタイミングで「出たね!」とたくさん褒めながらオムツ交換をしました。始めたのが冬だったので春から本格的に始め、朝起きた時、ご飯の前、お昼寝の時などに声を掛けトイレに誘いました。途中、数ヶ月トイレに行きたくないという時期もありましたが2歳を過ぎたころからまたトイレに行きたいとなり、3歳で完全にとれました。おしっこよりもうんちの方がとれるまでに時間がかかりました。
  • 2歳3ヵ月の頃、支援センターに来ていた時、お昼の前にトイレに行っていました。お友達が行く姿を見て一緒に行くことで習慣になりました。冬にはいったんやめ、4月になり幼稚園に行くようになってから布パンツを穿くようになり、幼稚園に行く前や寝る前にはトイレに行くよう定期的に声をかけたり、子どもがおしっこをしたいという時に連れて行くうちにいつの間にかとれていました。うんちはおしっこよりもっと早かったです。

トイレトレーニングというと「夏」という感じがしますが、中には冬が絶対にいいという人もいるそうです。夏は薄着のため漏らすと床など汚してしまうけれど、冬は厚着のため服に吸い込んでしまい漏れることがないので怒らなくていいので優しくしてあげられるんだそうです。
トイレトレーニングを始める時期や年齢、進め方は子どもの様子によって違います。うまくいったりいかなかったり一喜一憂だとは思いますが、「いつかはとれるでしょう」という焦らずゆったりとした気持ちで取り組みたいですね。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ