おちんちんを剥くケアは、どのくらいの目安でやればいいのでしょうか?(生後8ヶ月) 2015年11月 1日更新

3~4ヶ月くらい、毎日剥くケアをすれば、剥く⇔戻すができるようになります。亀頭冠状溝(亀頭下のくびれ部分)がはっきりする位剥ければ完全です。剥ける度合い(剥けていく長さ)は、10日間で1mm位長く剥けるようにします。ただし、剥ける度合は個人差があり、1ヶ月で完全に剥けたり、ほとんど剥けないお子さんもいます。もし4ヶ月やっても亀頭の先端しか見えない状態だったら、真性包茎の疑いがありますので、一度専門医に相談してみましょう。また、2歳以上の場合、急激に剥くと痛がり、その後触らせてくれないことがあるので、焦らず実践しましょう。(剥きはじめは、生後1週間過ぎたら早ければ早いほど良い)

参考・引用文献:(株)アイテック「大人になって悩まない おちんちんケア」冊子

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ