成長・発育について「4〜6か月ころの赤ちゃん」2018年05月31日更新

発 育

●体重増加は緩やかになります。
●首がすわります。腹ばいにしたとき両手で体を支えて頭を持ち上げられるようになり、視界が広がります。
●手でガラガラを握り、振って遊んだりできるようになります。
●5か月になると1人で寝返りできるようになります。
●お母さんが識別できるようになり、お母さんがいると喜びます。
●早い赤ちゃんは、人見知りが始まります。
●自我も芽生えてくるので、泣いて訴えるようになります。

歯と口の基礎知識

個人差がありますが下の前歯から生え始めます。1歳ころまで生えてこなくても個人差です。歯が生える時期には違和感があり、食欲が落ちたり乳首を噛まれたりすることもありますが、心配いりません。ご機嫌のいい時にお母さんの指でやさしく歯ぐきや歯を触ってあげるとむずがゆさがやわらぎ、今後のお口の手入れに慣らせる準備になります。

●指みがき
歯みがきを始める前に、指みがきを日常生活に取り入れることをしてみましょう。お子さんの機嫌がいい時を見計らって、歌をうたいながらお母さんの指でお子さんの唇や歯ぐき、歯を触ってあげましょう。口の中は敏感ですので、いろんな触感を感じさせてあげましょう。

おんぶをしてみよう!

こんなイイことがあるよ

1.お母さんのことをすぐ近くで見ていることができ、お子さんの興味が広がります。
2.お母さんとくっついているので安心感があります。
3.おんぶをすると両手があくので、家事と育児が一度にできます。

おんぶをする目安

赤ちゃんの手首を持って、引き起こしたときに首がしっかりとついてきて、後ろに倒れないようになれば、首がしっかりすわった状態です。

上手なおんぶ方法

・お子さんの高さの目安は、鏡を見て、お母さんの肩からお子さんの顔がのぞくくらいの高さがベストです。
・時間帯によって嫌がることがあります。一度嫌がられたら、他の時間帯におんぶしてみましょう。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ