栄養・離乳食について「3〜5か月ころの赤ちゃん」2015年12月 7日更新

この時期に突然ミルクの量が減ることがあります。それまでは、原始反射によってミルクを飲んでいたので、満腹・空腹に関係なく口に入っていたものは何でも吸っていましたが、次第に満腹感がわかってきて、授乳量を自分でコントロールできるようになってきた証拠です。元気で、機嫌がよければ心配ありません。

1日の目安は1000ccくらいです。

胃の大きさは200cc程度になり、一度にたくさんのおっぱいが飲めるようになります。

*授乳間隔ができるように、1回の授乳を意識して満腹まで飲ませましょう!
*2~3時間をあけて、授乳できると食リズムが整います。
*授乳と授乳の合間の時間は、赤ちゃんをいっぱいあやして遊んであげましょう!

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ