栄養・離乳食について「さぁ離乳食の準備です」2015年12月 7日更新

離乳とは、母乳や育児用のミルクだけの栄養から幼児食が食べられるようにしていくことをいいます。この間に、赤ちゃんの口の動きや消化能力が発達するので、食べ物のかたさや量・種類など変化させていきます。これを離乳食といいます。
離乳食を食べさせてくれる人が、やさしい笑顔とゆったりとした気持ちで接することは『食事は楽しい』という体験になります。
食べる楽しい体験の繰り返しが、赤ちゃんの食べる意欲を育て、やがて体と心の栄養を自分の力で得られるようになっていくのです。そのはじまりが離乳食。大切に考えていきたいですね。

はじめる目安

●首のすわりがしっかりしていますか。
●支えてあげると座れますか
(食事は体をおこしてとります)
●家族が食事をする姿や食べものに興味を示しますか。
(赤ちゃんの食欲が大切です)
●スプーン等口に入れても舌で押し出すことが少なくなりましたか。
●授乳のリズムはできてきましたか。
(赤ちゃんの成長に合わせて授乳の間隔をあけて、リズムを作りましょう)

離乳食がはじまるまでに、おっぱいや育児用ミルクで離乳食を受け入れられる体をしっかりつくっていきましょう。
離乳食は、食欲や便の状態だけで判断して早く進めすぎると、丸のみ、偏食、アレルギーになりやすいと言われています。消化機能や口の動きなど発達に合わせて進めていきましょう。

5・6か月ころ

離乳食をはじめてみましょう!          

☆離乳食は、昼間の授乳の1回に合わせてあげるようにします。
☆はじめたら、毎日、同じくらいの時間に用意してあげます。
☆お腹がすきすぎてしまっていると、落ち着いて食事という気分にはなれません。
赤ちゃんの食べる余裕のあるうちに、少し早めに離乳食を用意してあげる工夫をしてみましょう。
☆砂糖の代謝能力が低く、味覚形成や食欲に影響するので「甘いもの」はあげないようにします。イオン飲料も発熱や下痢など医師の指示がある時にしましょう。

sukusuku06.jpg

ごっくん離乳食教室の紹介

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ