栄養・離乳食について「離乳食をはじめて1か月くらいたったら・・・」2015年12月 7日更新

☆口を閉じてゴックンと食べることに慣れてきましたか?

181956fee992ede0b2c07be9d4ecd5afe07923e3.jpgsukusuku18.jpg食べられるようになったらの回数を2回にします
2回目の離乳食は少ない量から慣れてきたら増やします。

☆離乳食をあげる時間は、昼間の授乳の2回に合わせます。
(お腹をすかせてしっかり飲んでいる授乳)
☆毎日、同じくらいの時間に用意して、食事のリズムをつくっていきましょう。
☆離乳食後の授乳は欲しがるだけあげましょう。

体内でお母さんからもらった鉄を使い切る時期です。
離乳食に鉄分の多い食品を取り入れましょう。

鉄分の多い食品

7〜8か月ころ~

●赤身の魚(さけ・まぐろの赤身など、水煮缶も)
●大豆製品(納豆・豆腐・きなこなど)
●色の濃い野菜(ほうれん草・こまつ菜など)
●レバー 

9か月ころ~

●海草(わかめ・ひじき・のりなど)
●牛肉の赤身 
●味のごく薄い煮豆など
*調理用に育児用ミルクを使うこともできる

もぐもぐ離乳食教室の紹介

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ