そろそろトイレトレーニングを始めようかと思います。やり方やポイントを教えてください。(2歳3ヶ月)2015年11月17日更新

A.まず、なんといっても「叱らない」がトイレトレーニングの秘訣です!
トレーニングのステップを紹介します。
<ステップ1>...お子さんの体の準備ができる
① 足腰がしっかりしてきて、おまるや便座に座れるようになる。
② おしっこの間隔があく。膀胱におしっこがためられるようになる(間隔が1時間半以上あくのが目安)。


<ステップ2>...トイレに誘う
① 排尿間隔があいたときにトイレに誘う。朝目覚めたときやお昼寝の後など、おむつが濡れていないときがチャンスです。
② 排尿を意識化する。おしっこを見せながら(視覚的認知)、「おしっこ出たね」と言葉に出して(聴覚的認知)、放尿感を育てる(排尿三感覚)。
③ 成功したら褒める。褒められることで次へとつながります。


<ステップ3>...オムツからパンツへ
① 布製のパンツに替える。この時期は失敗して当然!濡れておしっこが出たことを意識することからはじめる。
② 濡れたら気持ちよく替えてあげる。叱ると緊張感が増し、トレーニング拒否の原因になります。
③ トイレを嫌がったら無理強いしない。
④ 失敗が多くてイライラするならおむつに戻す。つまずいたら一休み。トイレでおしっこをすることが、気持ちいいと感じるさせることが大事です。


<ステップ4>...膀胱の容量を大きくする
① 徐々に時間をのばしながらトイレに誘う。時々誘うのを止めて「おしっこ」と言ってくるのを待つ。できるだけ時間をのばすことで、尿をためる量が増し、頻尿にならない。
② 膀胱がいっぱいになった感じを体験することが大切。
③ トイレに誘うときあわてさせない。「早くしないと出ちゃうよ!」は禁句!「トイレまでおしっこしないようにしようね」と意識して我慢するようにする。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ