どうして赤ちゃんは皮膚トラブルが多いのですか?(1ヶ月)2015年11月17日更新

それは、赤ちゃんと大人の皮膚の構造の違いによるものです。赤ちゃんの皮膚は大人と比べて、表皮(一番外側の皮膚)、特に角質層が弱くてもろく、真皮(表皮の下の層)の厚さは大人の1/2~1/3ととても薄いのです。汗腺や毛穴の開閉の調整も未熟であるため、少しの刺激で皮膚トラブルを起こしやすいのです。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ