生後7か月。離乳食をあまり食べません。何を目安に2回食に進めればいいですか?(7ヶ月)2015年11月17日更新

2回食にするタイミングは、離乳食を開始して1か月頃に考えます。食べ方は、おかゆを「ごっくん」と飲み込むことが上手になっているかどうか、です。舌で押し出してしまい、食べるのを嫌がるようなら、まだ1回食でもいいでしょう。全体量の目安は、小さじ10さじくらいになったら2回食に進めます。
3回食になるまで、離乳食は舌慣らし、味慣らしです。栄養は母乳やミルクがほとんどですから、いまはさまざまな食品に慣らしていくことです。固形物を食べることは、消化器官を発達させ、咀しゃくの練習になり、子どもの好奇心を育むことができます。

食べないときは、日中は散歩に出たり児童館などに行ったりして母乳の回数を減らし、離乳食の時間にはおなかを空かせておくことです。生活リズムが安定すると食べるようになります。
子どもは、大人の様子を見てまねをするので、おいしそうに食べる様子を見せましょう。まずは、食べることに興味をもたせることが大切ですから、食べる量はあまり気にせず、まずは楽しく食べられるようにいろいろ試していきましょう。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ