3回食に進んでから離乳食を受けつけなくなりました。固さや種類を色々変えて試してみましたが、どれも受け入れてくれませんでした。栄養面も心配です。どうしたらいいですか?(10ヶ月)2015年11月17日更新

いままで順調に離乳食を食べていたのに急に食べなくなるのは、中だるみや体調不良後などをきっかけに嫌がるようになったことが考えられます。
10か月頃は食べ方に個人差が出てきます。ご飯や野菜の硬さにも好みが出てきます。バリエーションがそろそろ大事な時期なので、大人の味噌汁、炒り豆腐のようなもの、煮魚、煮物、卵とじなど少し油や味を加えたものを取り分けるといいかもしれません。むしろ大人の食べているものを「おいしいよ」と見せていくことも刺激になります。
毎回の食事ごとに食べないことで悩んでいると、親子ともつらくなります。家の中ばかりでは運動量も少ないので、散歩や他の赤ちゃんとの交流ができる施設で十分遊んであげましょう。
栄養不足が気になるかもしれませんが、しばらくは母乳だけでも大丈夫、と考えるのも悪くはありません。お子さんの様子を見て、機嫌がいいなら焦る必要はありません。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ