トイレトレーニングの真っ最中です。トレーニングパンツだとおしっこを教えてくれず、出た後に聞くと「出たよ」と言います。むしろオムツだったときのほうが出るのを教えてくれていました。言い過ぎや聞き過ぎもよくないと思いますが、このままで良いのか、言葉がけの方法を知りたいです。(3歳3ヶ月)2016年07月19日更新

トイレトレーニングをいざ始めたけれど、なかなか思うようにいかないという悩みは多くのママから聞かれるものです。そう思うと、「簡単にはいかないもの。どっしり構えて気長に」というママの気持ちがまず大事かなと思います。はじめは失敗してしまうのが当たり前、子どものトイレのサインに気づけたらラッキーというおおらかな気持ちで臨みましょう。ママの声のかけ方や、楽しくトイレに行ける環境づくりも大切なポイントです。トイレのふたに顔の紙を貼り、「トイレちゃん・トイレくん」にしてみる、男の子であれば、トイレットペーパーにばい菌などの絵を描き、便器の中に置いて、そこめがけておしっこするというのも、ゲーム感覚で楽しくできる工夫かなと思います。

 トイトレのすすめ方・ポイントはこちら

 トイトレのQ&Aはこちら

実際にトイトレ中、トイトレを経験されたママたちのお話を聞いてみました。

ママたちの工夫ポイント

  • 2歳8ヶ月。トレパンを使わず、オムツで誘導しています。教えてくれても、すでにオムツが濡れているのに加えてトイレでも出るので、そんなに我慢していたのかと思うことがあります。トレパンは買ってありますが、もう少しトイレでおしっこするという雰囲気を知ってからやろうか...というところです。一番上の子は2歳10ヶ月ぐらい、2番目の子は3歳ぐらいでとれました。
  • 3歳。紙おむつに1枚布を入れてパンツの感覚を...と2歳ぐらいからやっていたが、うまくいきませんでした。トイレをまたぐのが怖いようです。私自身焦ってはいないし、気長にと思っています。
  • 年少。トイトレを始めたのが入園する3ヶ月前。そのときは教えてもくれませんでした。2~3ヶ月すると保育園で「おしっこ漏れちゃう」と教えてくれるようになりましたが、うんちはまだです。最近では家でも教えてくれるようになりましたが、気を抜くとまだお漏らししてしまいます。
  • 2歳3ヶ月でトイトレを始めて、2歳10ヶ月でとれました。でもその後、環境の変化がありまた戻ってしまいました。環境を整えなくてはと思い、かわいいパンツ・カレンダーにできたシール・キャラクターの音楽が鳴るトイレおもちゃを準備しました。これで本人のやる気が出たようです。
  • 3歳4ヶ月。入園前にトイトレをがんばろうと思っていたけど、妊娠・出産などがあり、やらないまま保育園に。園の先生に相談したら、「そういう状況なら、ママも本人も向き合えないから、焦らなくてもいいんですよ」と言われ、気持ちが楽になりました。水が好きなので、「保育園で大きいプールに入れるよ!でもオムツしてると入れないんだって」と話すと、「やる!」とやる気をみせていましたが、いざトイレに誘ってみるとヤダと。先生に相談するとまた「焦らなくていいよ」と言ってくれました。トイレじゃなくておまるからはじめようと思い、専用のおまるを準備したら、とても喜んでいました。ある日ついにおまるでおしっこが出たときに、母も姉もその場にいなかった父も、そして本人もすごく喜び、そしてすごく褒めました。失敗しても「出ちゃったね」くらいにしました。
  • 一番上の子は保育園で取れました。保育園での健診のときに「友達がみんなパンツなのに、自分だけオムツ」と感じたようで、好きなキャラクターのパンツをはかせたら1週間で取れました。でもうんちだけは今でもオムツです。2番目の子は2歳9ヶ月で取れましたが、うんちはオムツです。

保育士より

年少でも取れていない子が多くいます。保育園のトイレは子どもに合っていて、小さくて座りやすいです。また、時間になったら一斉に行くので、子ども自身もそのうち行かないといけないと思うようになります。
でも行きたがらない子もいるので、無理強いはしません。「大きいプール入れるといいね」と声をかけたりもしますよ。担任の先生と相談してみるのがいいと思います。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ