お風呂で頭を洗うとき、今までは湯船の中で洗っていました。最近泣いて暴れてうまくいかないので、どうやって洗えばいいでしょうか?(1歳6ヶ月)2016年07月19日更新

お風呂はママと子どもがスキンシップをとれる大切な時間。お風呂大好きな子もいれば、中にはお水が苦手だったり、髪の毛を洗うのだけ嫌がって泣いてしまう子もいますね。赤ちゃんの頃は寝かせて髪の毛を洗えたけれど、大きくなると片手で頭を支えきれなくなったり、じっとしてくれなかったりと、寝かせて洗うのが大変になってきます。

髪の毛を洗うのを嫌がる原因としては、シャワーの温度・水圧、シャワーの音、姿勢が苦しい、顔に水がかかるのが嫌だ、目をつむるのが怖い、シャンプーが目にしみたことがあったなどが考えられます。成長に合わせてお子さんが一番安心する姿勢で洗ってあげることや、顔に水がかかりにくいようにシャワーの水圧を弱めにして頭皮に近いところから流してあげること、顔の向きを工夫すること、目がしみにくいシャンプーを選ぶことなど対策ができます。しかし何より、1歳前の小さいうちから、顔に水がかかることに慣れさせることが一番かもしれません。シャワーをする前に「せーの」と声をかけてあげたり、顔に水がかかったらすぐに払ってあげたりと、配慮はしてあげます。はじめは泣くかもしれませんが、次第にこういうものだと慣れていきますよ。

実際ママたちは、どのようにお風呂に入っているのでしょうか?聞いてみました。

ママたちの工夫ポイント

  • 3歳。私が床に膝を曲げて座り、足の上に子どもを乗せ、向かい合わせで座って洗っています。流すときは足に寄りかかるような姿勢になるので、顔にはかからないで洗えています。
  • 膝に座らせて洗いますが、泣いても構わず上からシャワーをかけています。
  • 顔を下に向けて洗って、そのままの姿勢で流しています。
  • 仰向けで、おでこの少し上から流し、顔にかからないようにしています。嫌なら目をつぶってねと言っています。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ