1歳1か月。自分で食べようとしません。どう働きかければいいですか?2015年11月17日更新

このころは手づかみできるのにしない、歩けるのに「だっこ」をせがんで歩かない......というように、まだまだ甘えたい時期なので、手づかみ食べをさせようと思えば思うほどしないのがこの時期です。しばらくは甘えに応えてあげましょう。  

次に、働きかけ方ですが、子どもに食べさせようとするより、ママやパパがまずごはんを手づかみで食べて見せてはどうでしょうか?楽しそうにやっていると子供は真似したくなるものです。子どもに食べさせてもらうのもいいですね。また、「自分でできるかなあ」と、いまよりも時間をかけて待つことも必要かもしれません。お腹が空いていないと最初から食べ物を放ることがありますから、授乳やおやつのあげ方、遊び方を工夫しましょう。
まだ1歳になったばかりですから、あせらずに、できたことはたくさんほめてあげましょう。たくさんほめたり甘えさせたりすると、あるとき急に「自分でする」と自立するようにもなります。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ