最近イヤイヤ期なのか、気に入らないことがあると床に大の字に寝たりします。切り替えは早いほうですが、上の子(女の子)のときがひどかったので、これからどうなるか、女の子と男の子の違いなどはありますか?(2歳2ヶ月 男の子)2016年08月22日更新

2歳前後の「イヤイヤ期」。初めてのお子さんのときは「どう対応していいのかわからない」「いつまで続くんだろう」という気持ちで、お子さんもママも悩み、不安な時期だったのでしょう。

2歳児の頃は、「感情・思考・表現」といった、内面的なものや個性がつくられていく時期です。「いやだ!」「自分でやる!」のように自己主張が強くなり、本格的なイヤイヤ期に突入していきます。自分の思いを出せる、やりたいと思う気持ちはとても大切なものです。しかし、言葉の表現や理解がまだ未熟で、やりたいこととできることのギャップなどから、「イヤイヤ」と癇癪を起こしてしまうことが考えられます。

そんなときは、まずお子さんの「イヤ」という気持ちに、「イヤだったね」と共感してあげましょう。そして少し落ち着いたら「でも○○だから危ないね」と理由を伝え、「こっちの○○で遊ぼうか」と気持ちを切り替えることを試してみましょう。「○○もあるし、△△もあるよ。□□もあるけど、どれがいいかな?」と選択肢を出して選ばせるのも良い方法です。時にはお気に入りのぬいぐるみを登場させるのもいいですね。イヤイヤが激しくなると、お子さん自身も何で騒いでいるのかわからなくなっていることがあります。その場合は、騒ぎが収まるまで距離を置くというのもひとつの手です。

しかし、さすがに毎日ところ構わず騒がれては、ママもイライラしてしまいますよね。そんなとき、その感情がいけないことだと思ったり、つい爆発してきつく叱ってしまうこともあると思います。しかし自分を責めすぎるとさらに辛い気持ちになってしまいます。「ママ自身もイライラしていいんだ」と自分の気持ちを認め、さらに「○○ちゃんのことは大好きだよ。さっきは怒りすぎちゃってごめんね。」と素直にお子さんに伝えてみましょう。子どもは「親に愛されている」という土台があれば、大抵のことは大丈夫なのです。イヤイヤ期の子どものエネルギーに振り回されることなく、時には客観的にとらえるなど、色々な術をもって対応できるといいですね。

イヤイヤ期を経験した・真っ最中のママたちにお話を聞きました。

ママたちの体験談

  • 2歳1ヶ月(女の子)。5ヶ月ぐらい前からイヤイヤ期なのか、2人目の妊娠がわかったのもその頃だったので、フラストレーションがたまったのかどちらかはわからないのですが。NHKのテレビを見て、イヤイヤするものなんだと思えたのと、それに対して自分もイライラしていいんだ、それが自然体なんだと思えました。イライラしたときは後で枕などを殴っています。スーパーで大の字になることもありますが、自分に余裕があるときは「嫌なんだよね。○○したいんだよね。」と言いますが、どうしようもないときは抱えて外に出ます。娘が騒いで周りに迷惑がかかるけれど、親が謝れることはして、娘の行動や自分の気持ちは言語化して伝え、その気持ちを認めるようにしています。
  • 3歳1ヶ月(女の子)。下の子ができて、今思えば赤ちゃん返りだったのかなと思うことも、その頃は子どもに当たったりしてお互い辛い時期でした。イヤイヤ期なのか、頑固さやかんしゃくが出てきて、初めての子だったし、対処がわかりませんでした。子どもの言うことを正面から真に受けすぎていたんだと思います。2人目が生まれて、「うんうん、そうだね」と良い意味で流せばよかったと思えますが、そのときは余裕がありませんでした。2人目が生まれてようやく客観的に見れるようになったと思います。
  • 長女・次女・2歳9ヶ月(男)がいます。長女はだだこね知らずというか、良い子でした。次女は、3人目が生まれて保育園に行くようになってから、気に入らないことは地団駄踏んで嫌がり、1時間近く泣きじゃくっていました。年長になった今でも多少やることがありますが、この子はそういう子なんだ、仕方ないんだと思うようになりました。保育園でも、「甘えさせないと、あっという間に手から離れて行っちゃうよ」とアドバイスを受けたので、なるべく甘えさせてあげるようにはしています。3人目の子は、次女のやることを見てまねするようになりました。男女の違いというよりは、その子の性格なのかなと思います。
  • 4歳2ヶ月(男の子)。イヤイヤ・だだこねがすごく、かみつき・ひっかきはよくやっていました。他の子は見れるけれど、自分の子だとよくわかりません。その子の性格見て対応できれば良いけど...。とりあえず家では泣き止むまで放っておいて、落ち着いたら声をかけるようにしていました。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ