食べないことを叱ったら食事を拒否するようになりました。どうしたらいいですか?(3歳)2015年11月17日更新

3歳頃になれば何でも食べるだろうと誰もが思いますし、食べないことが続くと、今度は叱ったら食べるかもしれないと期待したくなります。でも、ますます子どもは食べなくなってしまう、そんな悩みはこの時期に多くあると思います。そろそろ園などの集団生活を意識するころですから、親心としては悩むのは当然だといえるでしょう。
食べやすいようにかわいらしく飾り切りをする・お手伝いをしてもらう・味付けを変えてみる・だらだら食いはさせない・間食の時間や量を検討するなど、工夫してみましょう。

また、祖父母や友人と食事を楽しむような機会を多く持つといいですね。この時期は、人の食べる姿を見て嫌いなものが少なくなったり、競争心から量も普段以上に食べることがあります。
また、子どもへの接し方は、できるだけ先回りはしないようにしましょう。言葉かけも同じで、やろうと思っていたことを先に言われるとやる気がなってしまいます。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ