初めての子です。抱っこから下ろすと泣いて、寝かせていられません。寝返りはできるのに、私(母)の前ではやらずに泣いています。うつ伏せになっても、少ししたら泣いてしまうので、ずっと抱っこしている状況です。いいグズリ対策はありますか?(7ヶ月)2016年09月26日更新

抱っこでは機嫌が良かったのに、下ろした途端に泣いてしまう、うつ伏せもまだ上手にできなくて泣いてしまう、外だと機嫌がいいのに家にいるとぐずぐずしてしまう...ママとしては、うちの子だけそうなのかな?どうしたら機嫌よく遊んでくれるんだろう?と悩んでしまいますね。

生後7ヶ月頃は、ママへの強い愛着を示す「人見知り」の始まりの時期でもあり、赤ちゃんの心に情緒が発達してきます。まだまだママは一番の安全基地。抱っこでママの声・ぬくもりを感じられていたのに、そこから離れるということに不安を感じているのかもしれません。泣いている赤ちゃんの要求に向き合って応えてあげるママはとても素敵です。でも、少し見方を変えて、うつ伏せ遊びをうまくしてみてはいかがでしょうか?うつ伏せは赤ちゃんにとっては大きな刺激に繋がることです。今まで天井しか見えていなかったのに、うつぶせ寝になると違う範囲の世界を見ることができます。遊びの幅も広がりますし、発達も促され、そのことがわかれば自分から積極的に前に進んでいくでしょう。泣いても、声をかけながら少し見守る、遊びに誘う、体勢をかえるなど、工夫してみましょう。

同じぐらいの月齢のママに話を聞きました。

ママたちの工夫ポイント

  • 1歳。家にいるときはすぐ泣きます。2人目ということもありますが、少し泣かせておいてもいいかなぐらいの気持ちでいます。あとは、ずっと家にもいられないので、出かけるようにしています。1人目よりも気は楽です。
  • 家で2人でいるとよく泣きます。おんぶ紐でおんぶしています。あとは公園に行ってベビーカーで散歩もよくしています。外のほうが比較的機嫌がいいです。
  • 8ヶ月。私の姿が見えると泣きます。3人目なので、泣いていても「ちょっと待ってて、今いくね~。」と言いながら、自分の用事を済ませます。
  • 8ヶ月。私が座っていればいいのですが、立つと泣きます。抱っこやおんぶをします。あとは出かけます。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ