子どもへのおやつの与え方について、親には「我慢させすぎじゃない?」と言われますが、もうすぐ下の子も生まれるので、どのようにしたらいいか悩んでいます。兄弟がいる場合のおやつのあげ方も気になります。(3歳3ヶ月)2016年09月26日更新

あまり早い時期から甘いものに慣れさせたくないし、虫歯も心配。けれど、他の子ども達が食べているのを見ると、うちの子だけあげないのはかわいそうかななんて思いますよね。

子どもは消化器官がまだ小さく、一回に食べられる食事の量がそれほど多くないので、1日1~2回のおやつは必要です。しかし、おやつ=甘いもの・スナック菓子というのではなく、体に優しくてしっかり体をつくれるものを取り入れ、たまに市販品...というようにすると、ママも気持ちが楽になり、楽しいおやつの時間にできるのではないでしょうか。例えば、おにぎり、焼き芋、干し芋、とうもろこし、乾燥バナナ、フルーツ、ヨーグルトなどをうまく利用しましょう。また、だらだら食べさせないことで、口の中が「酸」化するのを予防し、食べた後にお茶を飲むだけでも、むし歯予防になります。

また兄弟がいる場合も、その様なおやつ内容に慣れていれば、下の子への影響も少ないですね。「家では食育を考えたおやつ。でも外出したとき・祖父母やお友達の家などに行ったときは、仕方がない」などと、ある程度許容範囲を決めていると、ママも気持ちが楽です。子どもと約束事を決めておくのも良いですね。

兄弟がいるママに話を聞きました。

ママたちの工夫ポイント

  • 下の子がまだ1歳にもなっていないので、まだ上の子と同じものは食べません。おやつをあげるときは、下の子のものを上の子にもあげていました(ボーロや赤ちゃんせんべいなど)。祖父母の家にいるときはお菓子解禁されてしまいます。
  • チョコレートや飴などの甘いものは家に置かないようにしています。もらい物などでチョコがあったときは、「辛いチョコレートだよ」と言ってごまかしました。ある程度の年齢までは厳しくしてもいいのかなと思います。
  • 上の子のときは甘いものをあげないようにしていましたが、祖父があげていて、少しずついいかと思うようになりました。2人目も途中まで幼児用おやつをあげていましたが、私がいない間に祖父のお菓子を食べていて、甘い物好きに...。
  • 上の子には厳しくしていたのですが、友達の家に遊びに行ったときにたくさん食べていました。2人目が生まれて、はじめは下の子のおやつに合わせていたのですが、夫が買い与えていました。今は、食べたら歯みがきすることや量を決めるなど、約束を決めています。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ