3歳4ヶ月と1歳の兄弟。上の子の、下の子への意地悪が激しく困っています。パンチやキック、体を踏むのは日常茶飯事です。他のうちはどうなのでしょうか?2016年12月 7日更新

兄弟仲良く過ごしてほしい、下の子には思いやりをもって接してほしいと思うのが親心ですよね。でも兄弟げんかに悩む親はたくさんいます。

けんかは、人の気持ちやコミュニケーションの方法を知る上でとても大切な経験です。今は下のお子さんが小さいのでやり返すことはないかもしれませんが、「やる」「やり返す」が成り立ってくると、このくらいやったら相手が泣く・悲しむ、やられたら痛い・悲しい、これを言われたら悲しい・嫌な気持ちになるなどということが少しずつですが経験からわかってきます。逆にこれを知らないで成長すると、限度・加減がわからない攻撃をしたり、相手の気持ちがわからない言葉をかけたりということが出てくるかもしれません。

また、兄弟が約2歳差ということで、赤ちゃん返りに加えて「注目行動」である場合もあります。下の子に手がかかりがちなママに、「見てほしい」「かまってほしい」というサインのこともあります。やめてほしい行動を減らすには、増やしたい行動のほうをより多く褒めるというコーチングの考え方があります。注意ばかりされていては、本人はつまらなくなってしまいますよね。そして、いつでも下の子をいじめているわけではないと思います。泣いているときに頭をなでてあげたり、下の子におもちゃを貸してあげることもあるでしょう。それをすかさず「使いたいおもちゃを貸してあげたんだね!えらいね。優しいね~ママ嬉しいな。」など言葉にしてお子さんに伝えてみてください。褒められれば、大人でも気分がいいものです。それは子どもでも同じ。危ないことはもちろん注意が必要ですが、ママ目線で気づいたことをたくさん拾って、伝えてあげましょう。子どもも日に日に成長します。劇的な変化はなくても、きっと気づいていくことがあると思いますよ。長い目で見て、対応ができるといいですね。

兄弟がいるママに家庭での様子を聞きました。

  • 3歳と1歳の兄弟がいます。叩くのは日常的にあります。
  • 4歳の姉とと2歳の弟がいます。押す、叩く、引きずりおろすなどのことはあります。ですが、下の子が2歳を過ぎてやり返すようになりました。
  • 3歳の兄と1歳の妹がいます。下の子が生まれた当初は、家におもちゃが来たと思ったのか、往復ビンタなどしていました。最近では、押し倒したり、泣くまで叩いたりすることもありますが、下の子も負けずにやり返して顔を叩いたりしています。
  • 小学生の姉が3人、2歳の妹がいます。一番上の子と真ん中の子は、通りすがりにつねったり足を引っ掛けたりと、女の子だからなのか陰湿です。真ん中の子と下の子は、ぶら下がっているところを下ろそうとしたり、押し倒したり...「今○○しようと思ってたのに」と言っています。
  • 5歳と9ヶ月の兄弟がいます。上の子はあまり意地悪をしない性格ですが、下の子が逆に上の子のおもちゃを壊したりして泣かせています。
  • 6歳、3歳、9ヶ月の姉妹がいます。上の子と真ん中の子は、おもちゃの取り合いをしたり、やったりやり返したりでけんかしています。でも2人とも一番下の子には手を出しません。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ