歯ブラシを自分でするのは好きですが、仕上げ磨きのときは嫌がり泣いてしまいます。どのように対応していけばよいですか?(1歳5ヶ月)2015年11月17日更新

歯がそろってきて、食べられるものの種類も増えていくこの時期は、むし歯のリスクも高くなっていきます。歯磨きは毎日の習慣にしたいものですが、歯磨きの大切さを理解できるのは3歳頃。歯ブラシの違和感や、押さえつけられていることへの抵抗から、歯磨きに手を焼いているママも多いのではないでしょうか。もし仰向けを嫌がるなら、座ってやってみるのもひとつの手です。歯を磨く力が強すぎるかもしれませんので、力の入れ具合を工夫してみてください。また、ぬいぐるみを使ってみる、楽しそうに歌を歌いながらやってみる、上の子がいれば、磨いてる様子を見せる、他の子の歯磨きの様子を映像で見せるなどの方法もあります。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ