おっぱいを飲む回数が頻繁ですが、自然卒乳を考えています。どのようにすればいいですか?(1歳3ヶ月)2015年11月17日更新

卒乳の目安はは1歳半~2歳頃。おっぱいを自然にほしがらなくなってくれれば...というのがママの願いですよね。離乳食を良く食べてくれるような子だと、それで満腹感が得られ、自然と授乳回数が減っていくという方もいらっしゃるようです。しかし、自然卒乳できる人は全体の約3%程度。卒乳・断乳は、泣くものであり、母子ともに乗り越えるものであるのが現実です。断乳する時期は、離乳食がある程度進んでいること、ストローやコップを使って水分を取れていること、母子ともに体調がいいこと、ママ・パパも気持ちに余裕があることを目安に進めましょう。まず断乳計画を立てます。「3日間与えない日」をいつにするか決め、子供に「そろそろおっぱいとさよならしようか」とあらかじめ伝えてあげましょう。必要があれば助産院で断乳前のケアをしてもらうと良いでしょう。断乳の日を迎えたら、朝一番を飲ませて次はもう与えません。外出などで気を紛らわし、体を疲れさせて、夜よく寝てもらうようにしましょう。そして、断乳をはじめたら、確固たる意思で望みましょう。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ