自分の身支度など、本当は自分でできるのですが、なかなか進んでやろうとせず、「ママ着替えさせて」と言います。手伝ってしまっていいのか、子供をやる気にさせるにはどうすれば良いですか?(3歳3ヶ月)2015年11月17日更新

子供が保育園に通っている場合、保育園ではしっかりできているのに、家では甘えてしまうといったことや、兄弟が増えたり環境の変化があった場合、もっと自分に注目してほしいという思いから、母親に甘えてしまうといったことがしばしば見受けられます。親としては、何でも自分でできる子に早くなってほしいという思いから、「自分でできるでしょ、やってね」とつい言ってしまいがちです。しかし、子どもから甘えてきたときは、「ママは○○ができること知ってるよ。でも特別手伝ってあげるね。」と言って思いっきり甘えさせてあげましょう。これは甘やかしではありません。甘やかしは、求めていないのに、大人が先回りしてやってあげてしまうことです。本当に自立した人とは、甘えることができる人。ありのままでいても大丈夫と思えると、自分を律することができるようになります。自立していく過程の子どもたち、ありのままの自分を出しても受け止めてもらえる、という経験をたくさんさせてあげましょう。徐々に自分でやるようになりますよ。また兄弟がいる場合には、着替え競争などしてみるのも手です。子どもは遊びになると、ゲーム感覚でやる気が出るものです。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ