昼寝後の寝起きが悪くて困っています。2歳過ぎですが、まだおっぱいはあげています。泣いて起きて、「おっぱい」と言うのであげると、またウトウトして寝てしまい、10分ぐらいすると起きてまたおっぱい...の繰り返しです。なんだかんだ30分以上やり取りをしています。最近それが少し苦痛になってきてしまいました。いい対処法はありますか?(2歳2ヶ月)2017年10月 4日更新

子どもの寝つきが悪かったり、寝起きが悪かったりで悩んでいる方は多いと思います。母親は家事にも追われていますから、子どものグズグズに付き合うにも限界を感じてしまうこともあるでしょう。
まずは、お子さんの1日の睡眠時間が十分に確保できているか確認しましょう。必要な睡眠時間は、3歳までは12~14時間、未就学児は11~13時間と言われています。十分な睡眠時間が確保されていれば、寝起きもすっきり起きられるかもしれません。
また、自分から起きれば機嫌はいいけど、ママが起こすと機嫌が悪い場合もあります。レム睡眠・ノンレム睡眠のタイミングもありますが、ぐっすり寝ているときにそれを妨げられると、大人でもなかなかスイッチが入りませんよね。それは子どもも同じです。なるべく気持ち良く起きられるように、起きてほしい時間の少し前から、起きる準備をしておくと良いですね。例えば、カーテンを開けて太陽の光を入れる・好きな音楽(テレビ)をかけておく・窓を開けて空気を入れ替える・ママも一緒に横になってやさしく声をかける...などです。
そうは言っても、子どもも個人差があります。まだまだママに甘えたい子、ゴロゴロして余韻に浸る子、泣いてしまう子、気持ちを切り替えて遊びはじめる子...など、子どもによっても日によっても様々です。同じやりとりに限界を感じているならば、1回はおっぱいで落ち着かせ、次は好きな遊びやおやつを提案してみる、外に出てみるなど、気持ちの切り替えを図ってみてはいかがでしょうか。おっぱいを卒業するとまた、状況も変わってくるかもしれません。色々な方法を試してみて、お子さんに合った方法が見つかると良いですね。

ママたちの工夫ポイント
●朝、自分で起きると機嫌はいいが、昼寝のとき起こすと機嫌が悪いです。機嫌が悪いときは、おやつをあげるか、抱っ●朝、自分で起きると機嫌はいいが、昼寝のとき起こすと機嫌が悪いです。機嫌が悪いときは、おやつをあげるか、抱っこをするか、テレビを見せています。(2歳4ヶ月)
●起きるときに泣くことはないです。起きたときに、くっついて横になったりしています。(2歳4ヶ月)
●上の子は寝起き良かったです。下の子も良いほうですが、たまに機嫌が悪かったときは、麦茶を飲ませるか、お菓子をあげるか、抱っこをします。
●上の子は、寝起き大泣きでした。保育園でも同じで、年長までずっとそうでした。子どもが私よりパパになついていたので、パパが落ち着くまで抱っこしていました。こをするか、テレビを見せています。(2歳4ヶ月)
●起きるときに泣くことはないです。起きたときに、くっついて横になったりしています。(2歳4ヶ月)
●上の子は寝起き良かったです。下の子も良いほうですが、たまに機嫌が悪かったときは、麦茶を飲ませるか、お菓子をあげるか、抱っこをします。
●上の子は、寝起き大泣きでした。保育園でも同じで、年長までずっとそうでした。子どもが私よりパパになついていたので、パパが落ち着くまで抱っこしていました。

  • 朝、自分で起きると機嫌はいいが、昼寝のとき起こすと機嫌が悪いです。機嫌が悪いときは、おやつをあげるか、抱っこをするか、テレビを見せています。(2歳4ヶ月)
  • 起きるときに泣くことはないです。起きたときに、くっついて横になったりしています。(2歳4ヶ月)
  • 上の子は寝起き良かったです。下の子も良いほうですが、たまに機嫌が悪かったときは、麦茶を飲ませるか、お菓子をあげるか、抱っこをします。
  • 上の子は、寝起き大泣きでした。保育園でも同じで、年長までずっとそうでした。子どもが私よりパパになついていたので、パパが落ち着くまで抱っこしていました。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ