生後5ヶ月ぐらいから、夜中1~2時間おきに起きます。おっぱいをちゃんと飲んでるか飲んでいないかわからないけど、吸えば寝ます。どうしたらまとまって寝てくれますか?(6ヶ月)2017年10月 4日更新

夜中、何回も起こされてしまうと、ママも身体が休まらずに大変ですよね。1度も起こされずに朝までぐっすり寝たい、これはこの時期のママに共通する願いなのではないでしょうか。
今回の場合、何をしても泣き止まない「夜泣き」ではないようですね。まだ睡眠のリズムがついていなかったり、母乳は消化がいいので、空腹で起きてしまっていることも考えられます。夜中に赤ちゃんが泣くことが夜泣きだと思われがちですが、正確には「原因がない号泣」を指します。夜泣きが続く期間や時間帯も人それぞれで、グズグズ泣く赤ちゃんもいれば、火がついたように大泣きする赤ちゃんもいます。また、一度泣き出すとなかなか寝てくれません。一般的には生後6~8ヶ月頃になると夜泣きを訴えることが多く、原因もわからずこれといった解決策もないため、ママ・パパの悩みのひとつになっています(原因が絶対ないわけではなく、オムツが気持ち悪い・暑(寒)すぎる・物音・怖い夢を見たなどの場合もありますし、体調が悪い場合も夜泣きする回数が増える傾向にあります)。
ママは眠いかもしれませんが、おっぱいで寝てくれるときは、赤ちゃんが安心するまで吸わせてあげましょう。赤ちゃんの睡眠リズムを作っていく成長の一過程なので、成長していくにつれ、夜起きる回数も必ず減っていきます。毎日のことなので、本当に終わりが来るのだろうか?と思うかもしれませんが、子どもが少しずつ成長していくように、状況も少しずつ変化していくので、気長に付き合ってあげましょう。「そういうものだ」と割り切る気持ちも大切かもしれませんね。

ママたちの工夫ポイント
●生後8ヶ月ぐらいから、1~5時の間に40分おきに起きます。目をつぶりながら、寝返りして泣いて...というかんじです。(9ヶ月)
●寝返りして動くようになってから、多いとき4~5回起きます。おっぱいで寝ますが、30分ぐらいかかります。添い乳も試しましたが、暴れてうまく飲めなかったので、座ってあげています。(8ヶ月)
●夏の暑い間は、起きていた気がします。秋になって涼しくなったら寝るようになりました。子どもと一緒に寝て、睡眠時間を稼ぐようにしています。(6ヶ月)
●6ヶ月頃から、3~4回夜泣きをしています。1歳過ぎたらもっと増えると聞きました。時計を見ないようにする、起きた回数を数えないようにする、とアドバイスを受け、起きることにこだわらないようにしたら、少し気持ちが楽になりました。
●おっぱいやめたら寝ると聞いていたけど、うちはだめでした。時が過ぎて成長するのを待つのみです。

  • 生後8ヶ月ぐらいから、1~5時の間に40分おきに起きます。目をつぶりながら、寝返りして泣いて...というかんじです。(9ヶ月)
  • 寝返りして動くようになってから、多いとき4~5回起きます。おっぱいで寝ますが、30分ぐらいかかります。添い乳も試しましたが、暴れてうまく飲めなかったので、座ってあげています。(8ヶ月)
  • 夏の暑い間は、起きていた気がします。秋になって涼しくなったら寝るようになりました。子どもと一緒に寝て、睡眠時間を稼ぐようにしています。(6ヶ月)
  • 6ヶ月頃から、3~4回夜泣きをしています。1歳過ぎたらもっと増えると聞きました。時計を見ないようにする、起きた回数を数えないようにする、とアドバイスを受け、起きることにこだわらないようにしたら、少し気持ちが楽になりました。
  • おっぱいやめたら寝ると聞いていたけど、うちはだめでした。時が過ぎて成長するのを待つのみです。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ