Q.3人目が生まれてから、2番目が赤ちゃん返りをしています。1番目はパパっ子だからあまり赤ちゃん返りはなかったのですが、2番目は、だんまりする、車から降りない、おんぶしないとダメ...などで困っています。(4歳8ヶ月、2歳11ヶ月、3ヶ月)2018年02月17日更新

新しい家族が増えて嬉しい反面、今まで以上に家事や育児に大忙しの毎日ですね。そんなときにママたちを悩ませるのが上の子の赤ちゃん返りかもしれません。今まで独り占めにしてきた愛情を、下の子に取られてしまう不安や嫉妬から、ママ・パパの愛情を確認したいという気持ちが、親の関心を引くため様々な行動を起こします。

例えば、今までできていたことをしなくなる・癇癪を起こす・自分の意見を押し通す・夜泣きをする・抱っこをせがむ・ベビーカーに乗りたがる・トイレットトレーニングが後戻りする...などです。もちろん、その子によって出る行動も頻度も期間も違ってきますが、多かれ少なかれどの子にも赤ちゃん返りはあるでしょう。かまってほしいからだと分かっていても、ママはひとり。すぐに対応できなくてイライラしてつい叱ってしまう...という経験もあるのではないでしょうか。そんなときは、子どもを平等に愛していて大切に思っていると、言葉や態度で示してあげましょう。遊ぶ時間を確保する余裕がなくても、言葉だったら何かをしながらでも伝えてあげることができます。親の一言は、子どもの心に響くものです。ほんの少し普段よりも子どもの話に耳を傾けたり、ぎゅっと抱きしめてあげることを心がけるだけでもいいのです。子どもに親の愛情をダイレクトに伝えることは素晴らしいことです。また、好きなおかずを夕飯に出してあげたり、何かを選ぶときに決定権を与えてみたり、ちょっとした優越感も効果的でしょう。

親には、急に聞き分けのない子に変わってしまったと見える赤ちゃん返り。子どもからの言葉にできないサインが隠れているかもしれないと考えて、怒る前に一呼吸の余裕をもって対応してあげたいですね。

<ママたちの工夫ポイント>

  • (2歳差)妊娠中から赤ちゃん返りがありました。出産して病院から退院すると、下の子を叩いたり、突き飛ばしたり、何もないのに通りすがりに叩いたり...は日常茶飯事でした。スーパーはおんぶじゃないとダメで、「(まだ座れない時期に)赤ちゃんのほうをカートに乗せて、私を抱っこして」と言うことが毎回だったので、買い物にも行きにくくなってしまい、親に来てもらっていました。保育園に行けば変わってくると聞いたので、それを期待して今待っている状態です。
  • (2歳5ヶ月差)出産して病院を退院した後、実家に里帰りしていたのですが、下の子のことをおもちゃのように叩いたり、顔にタオルをかけたり、授乳の準備をしているとおっぱいを飲もうとしてきたり、下の子の周りに実家で採れた野菜を並べて仏壇の鐘を鳴らしたり...実家にいた1ヶ月ほど続きました。自宅に戻ってからはベビーベッドに寝かせていたので、そういうことは減りました。
  • (3兄弟。2歳半差)2番目が生まれたときに、1番目の赤ちゃん返りがひどかったです。足で押したり、叩いたりしていました。3番目が生まれたときは、2番目が女の子ということもあってか、あまりありませんでした。
  • (2歳差)上の子の赤ちゃん返りがひどく、抱っこ抱っこというかんじでした。そういう時は、両方かかえていました。
  • ずっとおんぶをしていました。あとはできる限り人に頼っていました。
  • 抱っこやおんぶで上の子の保育園の送り迎えをしていました。おんぶすれば本人は大満足のようでした。でもそれを続けていたらぎっくり腰になってしまったので、ほどほどがいいかなと思います。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ