Q.第2子が生まれてから、下の子は夫がみて、上の子を私が見るという流れが自然とできていました。分担のようになっているのもあって、平日はなかなか大切な話はできないし、かといって休日夫といると、お金のことや生活リズムのことで喧嘩になることが多いです。みなさんは、休日家族とどのように過ごしていますか?また夫婦のコミュニケーションはいつどのようにとっていますか?2018年03月 1日更新

夫婦2人きりだったときは落ち着いて会話を楽しむ余裕があったけれど、子どもが生まれると家事・育児に追われて、ゆっくり会話する暇もない...そんな声は多く聞かれます。夫は仕事、妻は家で家事・育児をする、と、自然とこのような流れができている家庭が多いと思います。日中の子どもの様子、嬉しかったとこと、うまくいかなくて悩んでいること、など自分のこと以上に子どものことを伝えたいと思っても、夫は疲れていてなんとなく話がうわの空...「会話が少ない」「相談しても聞いてもらえない」「私だけが大変」と、ひそかに不満を募らせているママは少なくないと思います。同じ家に住んでいて、毎日顔を合わせているはずなのにこのような状況はちょっと寂しいですよね。

男性と女性では、求める「会話の質」に違いがあるようです。男性にはズバリ結論を伝え、理由は足すという話し方の方が理解しやすいという傾向があるようです。女性はどちらかというと、経過だったり、思いをわかってほしいという傾向があります。落ち着いてゆっくり...とはいかなくても、食事の時間、お風呂の時間、寝る前の時間など、ほんの数分でも、顔を見て、目を見て話すことを意識するといいと思います。もちろん、時には子どもが寝た後にゆっくり時間をとって、という日も必要かもしれません。

また、夫婦のコミュニケーションは子育てにも影響します。会話が多い家庭で育った子どもは精神的に安定するといわれています。何でも話し合い、お互いを思いやりながら暮らす両親の姿を見れば、自分も大切に扱われていると感じるようになります。親を信頼し、自分も何でも話すようになるので、いい親子関係を築くことにつながります。
ぜひ夫婦の会話を見つめなおしてみてくださいね。

<ママたちの工夫ポイント>

  • 夫の休みは月1~2回です。夫が休みのときは、普段できない遠出をします。子どもと一緒に過ごしてもらいたいと思うし、せっかく3人でいるのに喧嘩になると子どもがかわいそうなので、言いたいことはたくさんあるけど我慢しています。
  • 上の子がパパッ子なので、上の子はパパがみて、下の子を私がみています。子どもが寝ている時間に夫婦で話すかんじです。子どもの前では喧嘩はしないようにしています。休日は、そのときそのときで話し合って過ごし方を決めています。
  • 夫が単身赴任で、月1回帰ってくるかどうかという状況です。帰ってきたときは、食事に行ったり出かけたりで過ごしています。
  • 子どもを寝かしつけたときにそのまま私も寝てしまうことが多いので、夫婦で話す時間がないことが悩みです。上の子がすぐ迷子になるので、ひとりで買い物に行けず、土日にまとめ買いしています。市外の支援センターが土日もやっているので、夫がそこで子どもと遊んでいる間に、私が買い物に行くというかんじです。なので別々に行動することが多く、普段話ができないので、大事な話があるときはあえて日を作っています。
  • 夫は月4回ぐらいの休みです。朝は子どもたちが起きる前に家を出るし、夜も帰りが遅いです。義母と仲がいいので、夫の愚痴を義母に相談しています。最近、1日の過ごし方のペースができてきて、夫がいないほうが良いリズムになっているなと感じることがあります。でも、いるときにはとことん遊んでもらいます。大事な話がしたいときは、子どもを寝かせた後に時間を作っています。
  • 朝と夜の5~10分話すぐらいです。休日、長く一緒にいるほうが夫の機嫌が悪くなっているような気がしています。
  • (パパより)あまり参考にならないかもしれませんが...自分自身が、妻と子どもが大好きなので、平日は仕事を定時で上がり、休日は丸一日家族と過ごします。でもなるべく休日は妻一人の時間を作ってあげるようにしています。自分のことを話すと、自然と妻もしゃべってくれるので、それで夫婦のコミュニケーションはとれているかなと感じています。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ