Q.今、私が子ども2人を同時にお風呂に入れています。下の子がつかまり立ちするようになってから、お風呂のイスに立って転んでしまいました。床にマットを敷いたのですが、今度は転んでぶつけてしまいました。上の子に使っていたスイマーバを使ってみたら、上の子が首のところを絞めて危なかったので、使うのをやめました。みんなはどうやって入れていますか?2018年03月 2日更新

パパの帰りが遅いので、ママ一人で子どもたちをお風呂に入れる、というご家庭も多いかもしれません。人手があれば、それぞれを担当すればよいかもしれませんが、1人で2人、3人...となると、どう入れていいか迷いますね。まして子どもが成長して動くようになると、目が離せなくなります。

特に乳幼児は、10cmの水でも溺れてしまうと言われていますし、転んだりぶつけたりも心配ですよね。そのような時期にお風呂に入れるときは、床にマットを敷いて安全な環境を作ってから、必ずママの目の届くところで、傍で見守ることが大切です。お風呂イスを利用する、色々なおもちゃを日を変えて使うなどもひとつの方法です。上の子の年齢にもよりますが、一人で湯船につかれたり、ある程度自分で洗えたりすると思うので、状況に合わせて洗う順番や出る順番は決めるといいのかなと思います。子どもの成長に合わせてやり方を変えていく、臨機応変さも大切かもしれませんね。

<ママたちの工夫ポイント>

  • 下の子を膝の上に乗せて、ママと一体のように一緒に洗っていました。下の子が小さいときは、先に下の子を洗ってあがらせて、着替えてベビーサークルの中に入れておいて、上の子と一緒に出ていました。上の子が着替えができるようになってからは、上の子を先にあがらせて、下の子と一緒に出ています。
  • バンボをお風呂に入れていました。抜け出したら戻して、それでもダメならそのままハイハイさせていました。つかまり立ちするようになってからは、そのまま入っていました。上の子は湯船で遊ばせておいて、先に洗うか後に洗うか、その時々でやっていました。
  • 大きいマットを敷いて、泡で遊び始めたらそのままわーっと全員を洗って、そうでなければ、まぁ水でも汚れは落ちるかという気持ちでやっていました。
  • お風呂用のイスに座らせて洗っていました。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ