信州型自然保育(北御牧保育園)2020年11月20日更新


「探検の日」~四季の森~   R2.11.5

山の木々も紅葉し秋も深まった四季の森に、北御牧保育園の年長児27人が探検にやってきました。この日は太陽の日差しも温かくとても良いお天気でした。

92db47b73a66e6f41516cfce5523f758908f02b6.jpg

探検に出かける前に、四季の森を案内してくれる身体教育医学研究所の谷貴人さんと探検の約束をしました。

1、自分のことは自分でする
2、とった生き物はにがす
3、看板の奥にはいかない(危険個所を知らせる看板)

「自分のことは自分でするんだよ、できる?」と聞かれると、「できる!!」と元気に答えていました。さすが年長さんですね。
さぁ、木の橋をわたって出発です。1本だけど平らな橋、2本だけど丸太の橋、自分で選び両手を広げバランスとりながら真剣に渡っていましたよ。

f1249a91cd2bd74832a974215280677da99a69cf.jpg

サクサクと落ち葉を踏みしめながら進んでいくと目の前に大きな岩が!登れることがわかると木の根や岩のくぼみに手や足をかけ登り始めました。てっぺんまで行けた子は岩の上から手を振っていました。

cbbc4ac01f35dcb254fd26d7f2e1447c829e34ad.jpg

4dd99a67b3d9d24bcdc25cba33bcfd38cd478b2f.jpgのサムネイル画像

途中で見つけた足の長い虫。なんていう虫なのか気になり「谷さんに聞いてみよう」と捕まえようとするのですが、何度も逃げられながらやっとつかまえ、聞いてみると「ザトウムシ」という虫でした。「なんか千と千尋の映画に出てくる釜爺(かまじい)みたいだね」と近くにいた先生が言うとちょっと怖かった虫もかわいく思えてくるから不思議ですよね。

80f65ee57f5b435f96d5ad89848262b2e46ba858.jpg

川のように水が流れるみちに水たまり、今日のみんなは長靴を履いているから全然へっちゃらです。「わぁ、沈んじゃう!」「靴下濡れちゃった!」と言いながら深い所にどんどん入っていったり高い所からジャンプしたり、水辺での遊びを楽しんでいました。

65998a5efbbe49f24d6237bda8bfcd1de34db6fc.jpg

2025650c9d47e597da9e8d82b3e1c94b85636eb2.jpg

カニ探しをしに行った場所で「みてみて!この石!」男の子が持ち上げた石を見ると

a6f74018e5f475b5293931ed7b975e74978e2e79.jpg

「ハートのかたち!!」重い石を一生懸命持ち上げてみせてくれました。自然の中で見つけたすてきな宝物。すっかり気に入ってしまったようでお昼を食べるところまで運んで大事そうに抱えていましたよ。

四季の森での楽しみはたき火でつくる焼き芋です。さつま芋は園の畑で収穫したものをホイルで包み持ってきました。ひととおり遊んだ子ども達は「おなかすいた。焼き芋まだ?」と自然とたき火の周りに集まってきました。まだ焼けていないことを知るとまた遊びに行ったり、たき火の周りで♪やきいもグーチーパーで遊んだりしながら焼きあがるのを待ちました。子ども達に集めてもらった落ち葉で蒸し焼きにし、ホクホクの焼き芋ができました。「あっち!」「甘いね!」「おいしい!」と焼きたてのお芋に大満足な子ども達でした。

焼き芋が済んだ焚火で次に焼くのは「マシュマロ」です。竹にマシュマロを刺してじっくり焼き、ちょっと焦げ目がついた時が食べごろ!口の周りを真っ白にしながら食べていました。

337523fb3ea113e211188c1f5be4527ecee4c048.jpg

fca3b35c76d5352bebf6bd89ef9135cf74a1603c.jpg

いっぱい体を動かし、焼き芋にマシュマロそしてお家の人が作ってくれたお弁当とおいしいものを食べ、たくさんの自然に触れ探検の日を楽しみました。

探検の日
公立5園の保育園の年長児が東御市新張(横堰)にある里山「四季の森」へ行き自然体験を楽しみます。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ