各種手当てと支援制度2015年12月16日更新

児童手当

児童手当は、中学校終了までの児童を養育する方に、支給します。(平成24年4月から所得制限がもうけられています。)

詳細はこちら

福祉医療費給付

病気やケガなどで、医療機関等で治療をうけたときの医療費の一部を給付します。

詳細はこちら

育成医療費給付

18歳未満までの方の内、肢体や、視覚等において障がいがある場合、確実なる治療効果が期待できるものについて医療費を給付します。

詳細はこちら

未熟児養育医療給付

出生時体重2000g以下など未熟な状態で出生、または医師が入院養育が必要と認めた乳児に対して医療費の一部を負担します。

詳細はこちら

小児慢性特定疾患医療の給付

18歳未満(一部20歳未満)で、慢性の特定疾患にかかっている児童の保険診療の自己負担額の全部または一部を助成します。

詳細は、こちらの該当項目をご覧ください。

お問い合わせ 上田保健福祉事務所(上田保健所)
℡ 25-7149

児童扶養手当

両親の離婚などの理由により、父または母と生計を別にしている18歳到達の年度末までの児童(重・中度の心身障害児の場合は20歳)を監護している父・母、または父・母に代わって養育をしている方に支給します(所得制限あり)。

詳細はこちら

その他の母子福祉事業

母子家庭の皆さんを支援するため、以下のような事業を行っています。

・母子・寡婦福祉資金貸付事業
・母子生活支援施設
・自立支援教育訓練給付金事業及び高等技能訓練促進事業

詳細は、こちらの該当項目をご覧ください。

お問い合わせ 総合福祉センター福祉課 福祉援護係
℡ 64-8888

特別児童扶養手当

心身に障がいのある満20歳未満の児童を監護している父母または養育者に支給します(所得制限あり)。

詳細は、こちらの該当項目をご覧下さい。

家庭介護者慰労給付金

重度心身障害児(者)と同居し、6ヶ月以上介護している方に対し介護慰労金を給付します。

詳細は、こちらの該当項目をご覧下さい。

重度心身障害児年金給付

重度心身障がい児の方に、障がい児年金を支給することにより、その児童の福祉の増進を図ることを目的としたものです。

詳細は、こちらの該当項目をご覧下さい。

障害児福祉手当

20歳未満の児童で心身に重度の障がいがあり、日常生活で常時の介護を必要とする方に支給します。施設入所児は除きます(所得制限あり)。

詳細は、こちらの該当項目をご覧下さい。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ