5歳児発達相談事業2016年06月14日更新

東御市では、平成20年度から年度内に満5歳児になる年中児を対象に「5歳児発達相談事業」を実施しています。この時期のお子さんは、集団生活のなかで、こころや身体、お友達との関係を含めた社会性等大きく育つ時期でもあります。言葉の成長がゆっくり、行動が遅い、動きが多い、気が散りやすい、お友達とのトラブル多い等心配なことも多い時期でもあります。5歳児相談事業では、保護者の方と家庭や保育園でのそれぞれのお子さんの状況を共有し、必要に応じて支援をしていきます。家庭と園とが協力し合うことで、よりお子さんの成長を支えることができます。また年長時には、教育委員会と連携することで、スムーズな就学を迎えることができます。

また、同じ5歳児を対象に「視力検査」を実施しています。子どもの視力は6歳頃に完成すると言われています。就学前までに視力を充分に育てていくことがとても大切です。視能訓練士による視力を育てる生活のアドバイスがあります。

5歳児発達相談事業で使用する相談票について
詳しくはこちら

デンバーⅡ発達判定法の実施もしております。
詳しくはこちら

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ