0歳児のママひろば

 6月16日(水)に北御牧子育て支援センターで0歳児のママひろばがありました。今月は理学療法士の波田野千恵さんに「ママの骨盤ケア」のお話を聞きました。

産後の骨盤ケアで重要なのは骨盤底の回復を促すことです。妊娠・出産で大きな負担がかかり、損傷を受けてしまう場所ですね。そのため産後、数か月たったママたちに必要な3つのことを、実際に体を動かしながら教えてもらいました。

①腹式呼吸をして骨盤底を上下運動しよう
 横隔膜と骨盤底は連動しているので腹式呼吸をすると循環がよくなる
②骨盤底筋のトレーニングをしよう
 膣、肛門をしめたり、ゆるめたりする事で骨盤底の働きが改善される
③骨盤底への負荷を減らそう
 姿勢に気をつけて背骨を伸ばし、肩の力をぬいて呼吸をする

ママたちは波田野さんの合図で体を動かし、ポイントを真剣に聞いていましたよ。

年を重ねるごとに尿漏れなど女性特有のトラブルもおきてきます。予防のためにもイスに座る姿勢や起き上がり方など、普段の生活の動作で意識してみましょう。そして骨盤底筋のトレーニングを継続することが骨盤ケアにつながりますね。

*波田野さんがまとめた「骨盤底トレーニング」の情報誌が北御牧子育て支援センターにおいてあります。興味のある方はご覧ください。

次回は6月30日(水)にふれあい遊びと交流会の内容で行います。参加をお待ちしていますね。



0ママ①.JPG

いつまでも健康な体で・・
はつらつママさんでいたいですね♡

0ママ②.JPG

「骨盤底トレーニング」・・継続することが大切です☆彡

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ