ママたちの作って!あそぼう!


 6月23日(水)に北御牧子育て支援センターで0歳児の親子を対象にした「ママたちの作って!遊ぼう!」を開催し、9組の参加(予約制)がありました。
 今回は「お手玉作り」を行い、他行事の託児スタッフに入って頂いている田丸幸子さんを講師に迎え、教えて頂きました。

3人ずつテーブルに分かれて、最初に自己紹介してからスタート。ミシンが必要な作業は下準備しておいたので、ママたちは手縫いでチクチクする作業をしました。お手玉を作る手順を簡単に説明すると、①筒状にした布の片方を波縫いした後つぼめて閉じる②反対側も波縫いをする③袋状になっている布の中にペレットを入れる④つぼめて閉じる...でお手玉の完成となります。

縫う位置、縫い目、縫う際のコツ等を実演を見ながら、進めていきました。悪戦苦闘しながら縫うママに、同じテーブルになったママ同士で教えあって作業したり、育児・家事やお互いの趣味等を話題にしながら和やかな雰囲気で作業していました。ぐずる赤ちゃんを対応しながらの作業になったママもいましたが、お手玉2個を完成させていました。

ママたちが作業している間、赤ちゃんたちはスタッフが託児。人見知りが始まり、ママから離れられない赤ちゃんもいましたが、ご機嫌になるとママの足元で自由遊びができ、作業を終えるのを待っていました。

最後に完成したお手玉を使って、お手玉遊びを教えてもらいました。一人で楽しむ遊び、親子で一緒に楽しむ遊び、赤ちゃんでも楽しめる遊び等々...、昔あそびとして伝承されている遊びを伝授してもらい、ママたちがしばし楽しんでいましたよ。

終了後、子どもにお手玉を見せながら「ママが作ったんだよ!」「お家に帰ったら遊ぼうね♪」と声がけするママの姿や手芸の好きなママからは「久しぶりに手芸ができて楽しかったです♪」という言葉を頂きました。

今回作ったお手玉の中身は田丸さんに準備してもらいました。手芸用のペレットの中に、小豆や数珠だまが入っていて、さらにラベンダーも入れてありました。なので、お手玉を持ったり、使っているとほのかに匂いが...。匂いを感じ取ったママたちは「この匂いを嗅ぐだけでも癒される~!」とつかの間の癒しを味わっていました。

7月の「0歳児のママひろば~昔あそび~」はお手玉を使って遊ぶ予定なので、参加をお待ちしています。

次回の「ママたちの作って!遊ぼう!」は9月27日(月)に「くるみボタン作り」で予定しています。事前に予約が必要で、9月に入ってからの受付となります。詳細につきましては、東部・北御牧子育て支援センター内でチラシを掲示、又は子育て支援センターHP「すくすくぽけっと」の行事案内でお知らせしますので、そちらをご覧ください。

お手玉①.jpg

お手玉②.jpg作っている間は、ママだけの時間♪

お手玉③.jpg

ママ同士で教え合ったり、お喋りしながら作っていました。

お手玉④.jpg

最後に、お手玉遊びを教えてもらいました。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 東信わくわくネット 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館 広域ガイド

ページの先頭へ

ページの先頭へ