育児座談会


12月14日(火)東部子育て支援センターで育児座談会を行いました。篠原君江助産師を囲みながら、6組14名の参加の中行われました。
 今回の議題は
「生理中の入浴どうしていますか」
「トイレトレーニングが進まず...皆さんどうしていますか」
「卒乳のタイミングについて」
「誤飲について」
 の4つでした。

その中で、「誤飲について」の中で話し合った内容をご紹介します。
相談者のお子さんは、なんでも口に入れてしまい噛んだり、食べたりしてしまうそうです。今はそんな時期なのだろうと考えて気を付けているそうですが、いつまで続くのか不安になっているという事でした。
他のお母さんたちも思い当たる事があり"うんうん""わかる"と同じ姿を想像しながらうなづいていました。

・絵本がボロボロになるくらい噛んでしまって...口の中から出そうとしても口を開けてくれないんです。
・ちょっと目を離した隙にペットボトルのラベルを食べてしまい、大便と一緒に出てきました。
・上の子の遊んでいる物を下の子が食べてしまわないように気を付けていますが紙類は大丈夫かなと思っています。
等、他にも床に小さいおもちゃを置かないようにしたり、余計なものを置かないように気を付けているという声が多く聞かれましたが、ちょっとした瞬間に誤飲してしまうようでした。

篠原助産師からは
誤飲で怖いのは電池です。電池を飲み込んでしまうと食道が溶けてしまい再生手術を何度もしないといけないという事例がありました。また、ガラスやおはじきなど数を数えていないおもちゃの誤飲も多いようです。これらを誤飲するとミルクを飲んだ後に吐くなどの症状が見られますが、医者に行っても原因が解りづらい事が多いんです。なぜなら、血液検査をしても異常なく、レントゲンにも写らないからです。結局大きな病院でMRIにより発見されたそうです。また下の子に重度の卵アレルギーがある場合はラムネの誤飲も気を付けなければなりません。ラムネには卵殻カルシウムが入っているのでそこに反応してしまうんです。
もう一つ、広告の紙切れが喉に張り付き呼吸が出来なくなるという事例もありました。とにかく、誤飲は避けた方が良いので、床には余計なものを置かず、綺麗にしておきましょう。
という事でした。

IMG_3644.JPGのサムネイル画像

今年もたくさんの方たちに参加して頂き、子育て中の悩みや疑問を話しました。
色々な人のお話を聞くだけでも安心しますね。納得したり、考えたりして気持ちを落ち着かせることができる会です。来年も是非お気軽にご参加くださいね。

次回の育児座談会は1月11日(火)10:30~11:30(10組要予約)です。ぜひ、ご参加ください。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 総合型地域スポーツクラブSany TOMI 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館

ページの先頭へ

ページの先頭へ