育児座談会(7月)

 7月12日(火)7組14名の参加で篠原助産師さんによる育児座談会を行いました。

始めの相談は「友達の頭をつかんだり、手がでてしまう。どうしたらよいか?」でした。篠原助産師さんより「言葉が出てきたら、落ち着いてきた?」「やだと言えるようになった頃から、共感できるようになった?」との質問に、"なるほど"という表情や納得されていたお母さん達。

また、手が出てしまった時に母が泣いて「痛かったよ」と悲しい表情をしていたという話もあり、篠原助産師さんより、「大好きなママが悲しんでいる→どうしたんだろう?と考えたり、どうしたら良いのかを学んでいる」とアドバイスがありました。そして、「子どもがやっていることは親がみているようにする。」「子どもをみていない所での事故や怪我はあってはならない」との事でした。

次の質問は「昼寝が終わって、夕方から夜までの時間をどうしているか?」でした。
「犬と一緒に散歩に行っている」「お風呂の前にぬるま湯で遊ぶ」「おもちゃを製氷トレーの中に入れ凍らせてお風呂に入れ、おもちゃが浮かんだり氷の溶けるのを観察している」などのアイデアも出されました。

篠原助産師さんからは、「テレビの時間もうまく使えば、見るのも良い。親が見ている中で、お風呂前のぬるま湯遊びはとても良い。雨の中カッパ・長靴で思い切り遊ぶのも楽しめるよ。また、雪をお風呂に入れ溶ける所を見るのも楽しめるよ」と紹介していただきました。

bc69650f7b967fece60b9724ffc914643362468d.JPG

 次回は8月9日(火)10時30分~11時30分の予定です。10組予約制ですので、東部子育て支援センター(☎64-5814)までお問い合わせください。


お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 総合型地域スポーツクラブSany TOMI 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館

ページの先頭へ

ページの先頭へ