Q.3カ月の赤ちゃんです。以前は、おむつを替えておっぱいを飲ませたら眠っていたのですが、最近ではすぐ泣くので、1~2時間おきにおっぱいを与えている状態です。おっぱいが足りないのでしょうか。2020年04月15日更新

おっぱいの回数が多くて、お母さんも大変でしたね。まずは、市で行っている「母と子の健康相談」などで体重測定をして、一度おっぱいが足りているか見てもらいましょう。体重やおっぱいに問題がないようでしたら、赤ちゃんはそろそろ「遊び」を求めているのかもしれません。

今までおっぱいやミルクを飲んで、寝たり起きたりしていた赤ちゃんも、起きている時間が長くなってきたと思います。お母さんが話しかけたり、うつぶせ寝を一緒にしてみたり、音の出るおもちゃを近くで動かしてみたりしてみましょう。おっぱい以外のもので満足するようなら、少しずつ授乳の間隔を長くしていきます。  

5カ月になると、離乳食が始まります。それに向けて、一度にたくさん飲んで、お腹が空くという体験を重ねていくことで離乳食をスタートがしやすくなるので、授乳の間隔をあけていくことは大切です。  

お家の中にいると、どうしても時間を持て余して、授乳ばかりなってしまうという話はよく聞かれます。スーパーへ買い物に出かけていたとしても、赤ちゃんにとっては退屈なものです。ぜひ、赤ちゃんが楽しめる子育て支援センターや散歩に出かけるとよいでしょう。  

この時期の赤ちゃんは、動くものや音の出るものに興味を持つので、子育て支援センターで少し大きくなったお兄ちゃんお姉ちゃんの動きを見たり、散歩中に鳥や、風で草木が揺れるのを見たりするのもいいでしょう。  

赤ちゃんは新しいことを見たり、体験したりすると、その都度、大脳皮質にある140億個!の脳細胞から神経をつたって情報が流れます。それにより心地よい疲れが生じるので、よく眠れるようにもなります。  

生後3か月頃は、昼と夜の区別がついてくる時期です。朝になったら、カーテンを開けて「おはよう」と声をかけ、タオルで顔を拭いて朝が来たことを教えてあげましょう。刺激を通して、生活リズムが整うようになると、赤ちゃんの機嫌もよくなります。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 総合型地域スポーツクラブSany TOMI 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館

ページの先頭へ

ページの先頭へ