Q、2歳11か月の双子の母親です。2歳半からトイレトレーニングを行っていますが、一人はパンツ、一人はオムツです。この頃パンツになった子が「オムツの方が楽だな~」と思ってしまったのか逆戻りしてしまいました。「もうオムツがとれているのに」と、イライラしてしまいます。ママのイライラとの向き合い方を教えてください。2021年12月 2日更新

 せっかくパンツになったのに、パンツになったことで遊びの途中、トイレに行かなければいけなくなったり、そうかと思うと身近にいる相棒が悠々と遊んでいることに気づきオムツの方が楽だぞと感じてしまったのですね。双子のお母さんのあるあるなのでしょうか?
トイレトレーニングのイライラは、育児をしているお母さんたちの話題に必ず上がってくるものです。

では、お母さんのイライラの原因は何でしょう。

  • 失敗すると洗濯物が増える。
  • 室内が汚れる
  • トイレに誘っても嫌がる
  • 自分の思い通りに進まない

等があげられます。トイレトレーニングを始めるきっかけは、洗濯物が少なくなる夏場という考え方が一般的のようですが、逆転の発想で"冬場は厚着だから床が濡れない"事で、冬場に初めてみるのもイライラを軽減させる一つの方法かもしれません。

また、トイレが楽しい場となるようにお子さんの好きなキャラクターを張り付けたり、トイレに行ったらシールを貼る等、トイレに行くと楽しいという経験を増やしていく事もトイレを好きになる要因になるようです。

沢山の情報の中で「2歳になったから始めなければ」と思いがちですが、お子さんの成長は一人一人個人差があります。また、なかなか思い通りにいかないのがトイレトレーニングですが、"いつかはとれる"という気持ちで、肩の力を抜いてお子さんの様子を見ながら楽しく取り組んでみてくださいね。

お役立ちリンク

東御市民病院 みまき温泉診療所 助産所とうみ 身体教育医学研究所 楽育ひろば 総合型地域スポーツクラブSany TOMI 東御こころのむきあいネット 市立図書館 梅野記念絵画館 丸山晩霞記念館

ページの先頭へ

ページの先頭へ